いつもの、午前9時半過ぎの通勤電車。ラッシュのピークも過ぎ、座席は全て埋まってはいるものの、それでもゆったりとした車内である。


 つり革にぶら下がり一駅過ぎたあたりであったか、目の前の人物が突然目配せをして、「座りますか」と声を掛けてくれた。初めての体験であった。


 一瞬たじろぐと、「僕、今立ちたいので…」と席を譲ってくれた。降車まであと5駅、「有難う、有難う」と言って座らせていただいた。こういうときは素直にならねばと、どこからか声が聞こえてくる。


 真っ赤な、全米プロバスケ「シカゴ・ブルズ」のキャップに、マフラー、グレーのジャケット、ジーンズ、茶の皮靴を履いた青年(20歳過ぎか)であった。黒のリュックを前に抱え、それには手作りのマスコットが数個(清涼飲料水の容器を模したそれには、「勝」の刺しゅうが見えた)、ぶら下がっている。彼女からのプレゼントであろうか。


 当方63歳。刈り上げた頭髪は確かにごま塩状態ではあるが、厚手の、皮のハーフコート、ジーンズといったいでたちである。会社勤めにしてはラフだが、人と会うような仕事がない日はこんな風体で過ごしている。


 「ガッカリしましたか?」-この話を知人に話したら、こんな質問を受けた。そんなことはない。むしろ厚意に感謝した。niftyニュースの「何でも調査団」に「【年代別&男女別】電車で席を譲られた時の気持と行動」というアンケート結果を見つけた。


 30代以下~60代以上の男女を対象に、譲られて「座ることができて素直に嬉しい」「座ることができるのは嬉しいけれど素直に喜べない」「なぜかわからないので戸惑うがとりあえず座る」「譲られてまで座りたくないので丁重に断る」「正直不快なので座らない」の5項目に回答が寄せられている。


 「編集部まとめ」によれば「年代別に見ると50代までは『座る派』が70%前後と、ほぼ同じ傾向でした。60代以上では「素直に嬉しい」44%の一方で、「座らない」方も23%という結果も出ています。また男女別で見ると「座る派」は女性が82%に対して、男性は69%という差も見られました」とのこと。


 前述の「素直に嬉しい」派は60代になると一気に44%に跳ね上がっている(30~50代は概ね20%台)。このデータを見る限り、60代の当方は平均的な「座る派」で、驚くにはあたらないようだ。


 それより数年前、(長年の無理がたたったか)変形性関節症を患い、時折歩行がしんどくなる。その後遺症であろうか、電車の中で浅ましくも? 物欲しげな表情を浮かべていたのではあるまいか。彼は、哀れんでくれたのかも知れぬ。

 少々、反省している。

【文化社会部編集委員・石井秀一】(ニッカンスポーツ・コム/コラム「新聞に載らない内緒話」 (2017年3月)